業務案内

東京都江戸川区の『株式会社熊坂組』は建方、仮設足場など鳶工事に特化した熟練の鳶職人集団です。

全ての職人が、プロフェッショナルとしてのプライドと責任を胸に、高品質で信頼できる工事を提供しています。

ますます高度化する建築技術に積極的に取り組み、連携の取れたチームワークで、安心・安全・信頼の工事をお約束しています。

建方

超高層ビルなど鉄骨造(S造)建築物の建設現場において、資材や部材の搬入を行ない、鉄骨の柱を建てて梁(はり)をつないで組み上げる作業のことを建方といいます。

鉄骨の組立作業に加えて、作業時の命を守る安全帯をかける設備、開口部の落下を防ぐ水平ネット、飛散防止用の垂直ネットの設置なども行ないます。

クレーンで鉄骨材をつり上げるためにワイヤーを掛ける「玉掛け」は、超高所において重量物を操る難易度の高い仕事で鳶職人としての技量が問われる仕事です。

弊社は数多くの現場で得た高度な技術と豊富な経験をもとに、鉄骨の大きさや形状、建物の形状によってつり方を変えるなど創意工夫を凝らし、作業時の安全確保に十分な配慮を行なった上で精度の高さと作業時間の早さを両立させた作業を行なっています。

仮設足場

建設現場において作業員用通路となる仮設足場の設置・撤去を行なっています。

仮設足場は、建設工事に携わる全ての職人の作業効率を左右するのみならず、建物の仕上がりや納期にも大きな影響を与えるとても重要な要素の一つです。

また、仮設足場は、職人が作業を行なう際の安全確保にも重要な役割を担っています。

弊社の仮設足場は、豊富な現場経験を生かした、職人の方が歩きやすく作業がスムーズに進められる足場になっています。
仮設足場工事をお考えの方は、ぜひ弊社にお任せください。

タワークレーン組立・解体

高層ビルの建設に必要な鉄骨などの資材や部材は、タワークレーンと呼ばれる装置を使って運ばれます。タワークレーンには、大きく分けて2つのクライミング方法があります。

・マストクライミング方式
マスト(支柱)を上に継ぎ足してのぼる方式

・フロアクライミング方式
クレーン下部にマスト(支柱)を継ぎ足してのぼる方式

弊社はいずれの方式にも対応しています。

仮設エレベーター組立・解体

高層建築物を造る工事に欠かせない仮設エレベーターの組立・解体を行なっています。

仮設エレベーターは作業の効率とスピードを大きくアップさせることが出来る装置であると同時に、人が乗って作業を行なう装置でもあります。組み立てにあたっては安心・安全な施工を心がけて、工期全体にわたる安全確保に努めています。